衝動買いですやん


先週の土曜日、めずらしく家でのんびりとできる時間があったので、朝からAmazonをチラ見。
そういえば平均律の2巻を持っていなかったな・・・
なんて思って検索すると、グールドのが見つかった。
1巻と2巻を揃えたら結構な値段になるなーなんて思いながら、
さらに見つけてしまったBOX SET。
CD38枚にDVD6枚の豪華さなのに、
先の2枚の値段に毛が生えたぐらいのコストパフォーマンス。
これは買わねばと思わず右クリック(´Д` );
またやっちゃいました。
BOXものは場所をとるのでもうやめようと思ったのに、
お値打ちに弱いrio

今日届きました。
とっても立派な箱に入って(実際のCDの2倍ぐらいのムダにデラックス)、ブックレットも付いている(英語だけど)
ホクホクな気分とともに、どこにしまおうか悩んじゃいました。



しかーも!
同時にヨーヨー・マのコンピも見つけて買っちゃっているという(^^;
手に入れる嬉しさと、物が増えていく恐怖とで
複雑な心境のrioでした。
| rio | CD | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
111YEARS OF DEUTSCHE GRAMMOPHON
またまた箱物CDを購入。
ドイツ・グラモフォンの創立111周年を記念した55枚組と56枚組。
グラモフォンの名盤ばかりを集めたセットです。
rioはどうしてもバロックに偏りがち。
幅広く音楽を聴いてみたくて購入しました。
自分へのお年玉ということで・・・(←苦しい言い訳・・・)
まだ3分の2ほどしか聞いていませんが、オペラ物が多い気がします。
ドミンゴの歌声が色っぽい(〃▽〃)ポッ
モンテヴェルディのCDは一枚も持っていなかったけど、
このBOXに入っていました。
ルネサンスからバロックへの過渡期の時代。
バロックよりも素朴で宗教色が強い感じがしますが、とても素敵☆
何が出てくるか、まだまだ楽しみなセットです。


 111 Years of Deutsche Grammophon/Various (Coll)



 
111 Years of Deutsche Grammophon
| rio | CD | 18:38 | comments(0) | - | - | - |
Angel voices 3
JUGEMテーマ:音楽

もうすぐクリスマスですね。
クリスマスが近づいてくると聞きたくなる曲が幾つかあります。
今年はこれを聞いています。
リベラの前身だったThe St Philips Boy's Choirによる
クリスマスソングアルバム。
無垢な歌声を聞いていると、日々の生活の中で染み付いた心の汚れを
洗い流してくれるかのようです。
とても心地よい1枚。


Angel Voices Volume 3
  


 
| rio | CD | 00:05 | comments(2) | - | - | - |
ヴィヴァルディ マスターワークス
地道にCDを聞いています。
お馴染みの曲も、聴いたことのない曲もどれもヴィヴァルディづくしで
どっぷりと浸っています。
やっぱりこのヴィヴァルディ節がいいんだなぁ。
20枚ほど聞いたところで、前に聞いた同じ曲が出てきた。
あれれ???
よくよく調べてみたら、ジャケットやCDの表示は19枚目なんだけど、
中身は12枚目と全く同じものが入っていた(*ノД`)。
いや〜ん。
ドイツからの直送なのにどうしたらいいんじゃ・・・。
でもレア物だからとっておいてもいいかも・・・。
でも19枚目の中身も聞きたい!!
と悶々としている今日この頃でございます。
| rio | CD | 23:29 | comments(0) | - | - | - |
Masterworks Vivaldi

Masterworks



最近箱物をついつい買っちゃうrioです。
先日購入したMEISTERWERKE BAROCKにはVivaldiのCDが5枚+しか
入っていなくて、なんとなく物足りなかったのでした。
VivaldiのBOXが欲しい。
ちょこちょこと探していましたら、手ごろなものが見つかりました。
自分へのクリスマスプレゼントだと言い訳をこねくって注文しました。
そして注文から11日目。
なんとなんとドイツから直送されました。
表紙には綺麗なドイツの切手が貼られていて、ちょっとテンションアップ。
BOXも無傷、綺麗な状態で届きました。
早速聞いていますが、まだrioの知らない曲やオルガン曲もあって
ますますテンションアップ。
やっぱりこの旋律は落ち着くなぁ。金太郎飴のようだけどね=3
皆川達夫さんがどんなに酷評しても、rioにとっては一番の大作曲家です。
いつかヴェネチアに行ってやるんだ〜。
| rio | CD | 21:49 | comments(0) | - | - | - |
プレイズ モリコーネ
ジョニー・ウイアーが大好きな友人から
ヨーヨー・マのrendition of La Califfaを探して欲しいって言われてたのを
ふと思い出し(忘れるな!!)検索したけど見つからない。
オリンピックでこの曲を使ったらしいんだけど。
あーでもない、こーでもないと1時間ほどPCと格闘してようやく見つかった。
もともとは映画音楽でレディ・カリフのノクターンという曲だった。
映画音楽の巨匠モリコーネの曲をヨーヨー・マのチェロで紡がれていく・・・
とてとても心が落ち着く音楽です。
しばらくはヨーヨー・マとモリコーネの世界にどっぷりとハマりそう。
こんど彼女に会った時に聞かせてあげられそうで嬉しいなぁ。
楽しみにまっててね、かえるちゃん。



ヨーヨー・マ プレイズ・モリコーネ
| rio | CD | 23:41 | - | - | - | - |
BAROQUE MASTERPIECES
そうそう、先週はずっとジェットラングにやられてヘロヘロだったくせに
amazonでまたまた60枚組のBOX SETを買っちゃいました。


バロック・マスターワークス (60CD)


中学生のころ朝の『バロック音楽の楽しみ』というFMラジオの番組を
毎朝聞いていました。
その影響でヴィヴァルディがとても好きになったのです。
当時の解説者、皆川達夫さんが『バロック音楽』という本を
書いてていらっしゃることを知ったのは物心ついてから。
その本を手にした時、真っ先にヴィヴァルディのページをめくったものでした。
でもなんと、ヴィヴァルディは皆川達夫さんの感性に全然合わないとかで、
かなりの酷評が書かれていてショックを受けました。

あなたの番組で『赤毛の司祭』の作品を紹介されてて
それを聞いて育った私はバロックの世界にはまったのに・・・。
あんまりです(*ノД`)。

それっきりその本はずっとしまってあったのですが、
このBOXを買ってまた読み直そうかなと手にとって見ました。
今度はちゃんと読めそうな気がしてきた。
この夏はCDを聞きながら、
400年前のイタリア・ドイツに思いを馳せることとしましょう。


バロック音楽 (講談社学術文庫)



| rio | CD | 02:00 | comments(0) | - | - | - |
The Riddle / Nick Kershaw
先日カラオケで歌ったリドルが頭から離れない。
押入れの奥からCDを引っ張り出してきました。
エレポップながらチープでない今聞いても通用する音作り。
意表をついた彼独特のコードワーク。
一度聞いたら病み付きになります。
このイントロ、小泉京子さんの『木枯らしに吹かれて』に似ているんですよねー。
パクリだと思うほどに!


ザ・リドル
| rio | CD | 22:59 | comments(0) | - | - | - |
ヨハネ受難曲
最近の癒し音楽はコレ。
土曜日の午後このCDをかけながら石の本を読むのが最高の癒しになります。
曲名も知らずに(ただバッハの宗教音楽としか認識していなかった)
中学生の頃聞いていた音楽がこの『ヨハネ受難曲』だったことを初めて知り、
懐かしさに浸っています。
なにより少年たちの透き通るような美しい合唱が日ごろの心の汚れを
洗い流してくれるかのように、心身ともに清めらるような錯覚を起こします。
日常の喧騒から逃れてふと静かな別世界へタイムスリップための必須アイティム。


 
バッハ:ヨハネ受難曲
| rio | CD | 22:49 | comments(0) | - | - | - |
オレンジペコー Wild Flowers
久しぶりに買ったCDはオレンジペコー。
普段日本のアーティストって聞かないんですが、
クリスタルヒーリングでボーカルのトモコちゃんと一緒だったご縁で買ってみました。
クラスではほんわりしていた彼女のイメージとは全く違ってパワフルでカッコイイ。
いろんな音楽がミックスされた感じで、とてもおしゃれな感じ。
ごちゃごちゃの部屋にいても、CDをかけた瞬間おしゃれなカフェにいるような
そんなマジックを体験できてしまいますよ♪



Wild Flowers(初回生産限定盤)(DVD付)
| rio | CD | 23:08 | comments(0) | - | - | - |