魔笛
 

久しぶりのオペラです。
魔笛を観るのは2回目。
夜の女王のアリアをとても楽しみにしていました。
今回のソリストさんはrioが満足できる歌いっぷり。
素敵でした〜♪
| rio | コンサート | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
オペラ!オペラ!オペラ!
地元サラマンカホールでのコンサートに行ってきました。
その前に、『馬喰一代』で飛騨牛炭火焼のランチ。
お値打ちでとても美味しかった(*^_^*)



さて、今日のコンサートはソリスト2名と
ピアノ伴奏というシンプルな構成。
にもかかわらず、オーケストラ演奏にも引けを取らなかったのは、ピアニスト山田武彦氏の多彩な伴奏テクニックによるもの。
ソプラノの幸田浩子さんの声もとても素晴らしくて、
聞き惚れてしまいました。
いつか彼女の夜の女王のアリアを聞いてみたい♪

今年はワーグナーとヴェルディの生誕200年だそうで、
1部はヴェルディの作品を中心にラインナップ。
イタリアオペラはベルディかプッチーニかに
人気が二分されるそうですが、私はヴェルディ派。
とても聴き応えのある演奏でした♪




満足したにもかかわらず・・・
14日はトーホーの日だそうで。
1,000円で映画が見れるということで見てきました。
『ライジングドラゴン』
期待通りの小気味よい展開。
楽しめました〜♪




| rio | コンサート | 03:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ゴルドベルク変奏曲


春分の日のコンサート。
ゴルドベルクはrioの大好きな曲のひとつ。
でも2台のピアノのために編曲されたものがあったのは知らなかった。
グールドを聴き込んでいたので、そんなに期待はしないでいたのだけど、
予想に反して素晴らしい演奏でした。
旋律が幾重にも重なって包み込まれていく。
音の渦の中に溺れながら不思議な感覚に浸りました。
しかも、90分休憩なしの演奏。
聴く方もかなり体力がいりますが、
演奏るピアニスト達もとても大変だったと思います。
最後に少しお話をされましたが、
この演奏会はお二人の挑戦であったそうです。
こんな貴重な演奏会を開いてくれた二人のピアニストと
誘ってくれたM氏に感謝の気持ちをこめて。

どうしても2台のためのゴルドベルクが聴きたくて、
CDを探してみたら1枚だけ見つけることができました。
そして今日手元に届いて早速聴いています♪
しばらくはゴルドベルクに浸ります〜(*´ω`*)
| rio | コンサート | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イングリット・フリッター ピアノリサイタル


久しぶりにミスターに誘っていただいて
ピアノリサイタルに行ってきました。
ベートーヴェンのテンペストと熱情
そしてショパン

とても情熱的で、ダイナミック、
かと思えばとても繊細。
初めて聞くタイプのピアノ。
でも不思議と引き込まれていく・・・。
そんなリサイタルでした。

コンサートの後はお豆腐懐石を
とても素敵な佇まいのお店でいただきました。
とても美味しかった。
ごちそうさまでした。
| rio | コンサート | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
バイオリンリサイタル


バイオリンのコンサートに行ってまいりました。
バッハ中心のプログラムはまさにrio好みでした。
とっても音が綺麗なバイオリンでした。
特に低音のびびきが心地よかったです。

折しもrioのバースデーだったので
コンサートの後にイタリアンレストランに
予約をしていただいていて、
おいしいお食事でお祝いしていただきました。
ありがとう♪





| rio | コンサート | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ドレスデン聖十字架教会合唱団
 

ドレスデン聖十字架教会合唱団は800年近い歴史を持つ
世界で最も古い少年合唱団の一つ。
9歳から19歳までの150名の少年たちが在籍しています。
ホールの後方から少年たちが賛美歌を歌いながら現れたときは
キュンと来ました( ´艸`)
本当にちっちゃい子達がいっぱい。
みんなズボンの裾がダボダボで微笑ましい( ´艸`)
そしておっきなお兄さん達もいて
ヨーロッパの寄宿学校のイメージが浮かんでしまいました。
本当に清らかな歌声で、一足早いホーリーナイトを味わいました。

聖歌隊にはオルガンがつきもの。
サラマンカホールには立派なオルガンがあるのに一度も聞いたことがなくて、今回聞けるということで楽しみにしていました。
控えめな演奏でしたが、オルガンソロではギルマンの『ヘンデルのテーマによる行進曲』を熱演。とても素晴らしい演奏でした。
ヘンデルはあまり好きではなかったのですが、
今度じっくり聞いてみようと思いました。
JUGEMテーマ:クラシック音楽
| rio | コンサート | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
トスカ


オペラを見に行ってまいりました。
プッチーニの傑作『トスカ』
主役の二人も悪役も最後には全員死んでしまうという
なんともなんとも後味の悪いストーリー。
にもかかわらず音楽は繊細で、歌声は情熱的で。
2幕目は号泣。
裏舞台でうたわれるカンタータをバックに、
表舞台でのストーリーの展開が凄かった。
バーデン市劇場は来日17回目。
しかも日本公演が豊田市のこのコンサートで上演300回目。
来年の演目は『セビリアの理髪師』だそうな。
楽しみだ♪

JUGEMテーマ:クラシック音楽
| rio | コンサート | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
夜桜コンサート


水曜日、久しぶりにミスターとデートしました。
地元の若手音楽家のコンサート。
お値段も500円とリーズナブルで、
クラシック音楽をお手頃に楽しめます。
エルガーの愛のあいさつから始まって
ポピュラーな音楽ばかりで飽きさせません。
ミスターも最初の2曲で元がとれたと喜んでいました(#^.^#)
rio個人としては佐部利弦さんの奏でるピアノの音色が
ちょっと個性的でとても気になりました。
好きか嫌いかという問題ではなく、なぜか釘付けになってしまう音。

コンサートは1部構成で1時間ちょっとと長くもなく、
かといって十分聴きごたえのあるものでした。
仕事帰りにクラシック音楽を聞きに行くのには
ちょうどいいぐらいかな。

JUGEMテーマ:クラシック音楽

| rio | コンサート | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ベルナール・フォクルール オルガンリサイタル


先週オルガンコンサートに行ってきました。
今回は一緒に行ってくれる人がいなくて、一人で出かけました。
コンサートなので同伴者がいるかどうかなんて問題じゃないけどね。
午前は女子カメラの講座を受け、そのまま豊田へ向かったので
コンサートホールには早めについてしまいました。
フォクルールさんはrioの大好きなブクステフーデの
オルガン曲全曲を録音されているし、
今回もブクステフーデの曲を演奏してくださるので
とても楽しみにしていました。
開場とともにCDの販売コーナーに直行。
ブクステフーデのCDがあったら欲しいなと思っていたのですが、
ありました☆BOX SET.+:。(*≧∇≦*)゚.+:。
他にブクステフーデのはありませんか?と訪ねたところ
それだけだとか。
しかも1セットしかない(≧∇≦)
とってもラッキーでした。
とはいえブクステフーデを買う人が他にいるとは思えないけど。

フォクルールさんはとても知的な紳士というイメージ。
オルガンの音色もとても優しくて心地よかったです。
オルガンも奏者によって音色が変わるものですね。
コンサートの後、購入したBOXにサインをしていただきました。
ブクステフーデのファンだと言ったら、
音楽家なの?と聞かれました。
ただのオタクです。と心の中で返事をしました。

で、5枚組のCDを1週間ずっと聞いておりましたが、
イメージしていたものとは違って
とても心地良い包み込むようなオルガンでした。
もっと激しく荒削りなイメージを持っていたので意外でした。
オルガンは奏でる人の個性がすごく出るものだなと実感。
もともと持っていたCDの演奏も、
フォクルールさんの演奏もどちらもいい(≧∇≦)
もっといろいろ聞いてみたいと思います。

急にライプチヒに行きたい病にかかりました。
オルガン三昧な休日を過ごしてみたいです。
| rio | コンサート | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
クーザ
 

Koozå(クーザ)に行ってまいりました。
会社の後輩が半年以上も前から予約してとってくれたチケットだけあって
正面のど真ん中のシートでした。
シルク・ドゥ・ソレイユは『Zed(ゼッド)』『Corteo(コルテオ)』に次いで3回目。
とても楽しめました。
人間ってすごいです。
ハラハラドキドキ、スリルと感動をありがとう!!
そしてK嬢、ごめんなさい、まだチケット代払ってなかったよね( ̄Д ̄;;
| rio | コンサート | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |